渋川道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 一場 久幸
中導師 正拳士 四段
ごあいさつ

−楽しくなければ少林寺拳法じゃない−

私たち「渋川道院」は1970年に設立し、既に50年以上渋川市で活動しております。

「人・人・人 すべては人の質にある」「正義なき力は暴力」という開祖 宗道臣の教えの通り「お互いがお互いに尊敬し合い、身体の強さだけでなく、自分自身に本当の強さを身につけ、人と生きること考えて行動する人間を一人でも多く増やす事」を目的として、「楽しくなければ少林寺拳法じゃない」をモットーに和気あいあいと稽古に励んでいます。

少林寺拳法を修行するのに体の大きさや運動神経の良し悪し、力の強い弱いといったことは全く関係ありません。力の弱い女性や子どもであっても、正しい身のこなしを身につければ、十分に行う事が出来るのが少林寺拳法の特徴です。

私たちと一緒に少林寺拳法の世界を体験してみませんか?

皆様とお会いし、手を取り合って共に修行できる日が来ることを心から楽しみにしています。